管理部門のお役立ち情報発信サイト 総務人事のコンビニ

バックオフィス情報

アウトソーシング営業担当が語る、思いのほか難しい
「給与計算アウトソーシング」と「勤怠管理システム」の同時導入。

年間80社近くのアウトソーシング営業案件を回る当社の営業担当が、『勤怠管理システムと給与計算アウトソーシングの同時導入』のニーズの高さとその難しさについてご説明いたします。

同時で変更をするリスク

給与計算の委託を検討する際に、同時に勤怠管理の方法の見直しをされる場合が多々ございます。

紙の勤務表での集計をやめて、勤怠管理システムを新規導入したい、今使用している勤怠管理システムの使い勝手が良くないので、入替を行いたいなど、給与計算と勤怠は切っても切り離せない関係のため、同じタイミングで運用を変えてしまった方がよいと思われているからだと思います。

給与計算のご担当者と勤怠確認のご担当者が同じご担当者の場合が多いと思いますが、この2つを同時に行ってしまうと、勤怠管理システムでは従業員の方に使い方のレクチャーや、問合せの対応、勤怠申請の不備確認が発生し、給与計算の委託では、業者からのヒアリングなどで時間を取られ、それでも委託を開始するまでは自社の給与計算は行わなければならないため、業務負荷が一時的ではありますが、大幅に増加してしまいます。

ご担当者に余力があるのであれば同時でも可能だと思いますが、そのようなケースは稀だと思いますので、まずは勤怠管理システムの運用がある程度安定してから、給与計算に移ることをお勧めいたします。

また、勤怠管理システムのデータを給与計算システムに取り込む際に、どのような形で出てくるかによって、給与計算システムの設定を変更する必要が出てくる場合もあり、その場合業者によっては、設定料金を請求されることもありますので、そういった観点からも先に勤怠管理システムの運用を固めてから、給与計算の委託を開始した方がスムーズかと思います。

総務・人事の管理部門の方が利用する資料を無料ダウンロード
日々の業務で役に立つノウハウ、お役立ち資料、TIPS集などダウンロードできます。
オススメ記事
2018年02月06日

「無期転換ルール」により、今後かなり多くの有期労働契約社員が、無期転換社員へと転換されることとなります。そして、直近の課題としては、改正労働契約法による「無期転換ルール」を盛り込んだ就業規則への改訂が求められます。さらに、これからの就業規則の方向性として、「正社員」、「非正規社員」の区分は多様化の時代を迎えており、ワーク・ライフ・バランスも踏まえた多様型就業規則に移行していく必要があります。

2017年07月25日

2017年5月より厚生労働省が労働基準関係法令に違反したブラック企業のうち、この半年間に書類送検された企業の公表を開始しました。最新の公表データに基づき、最低賃金法、労働基準法違反等の違反事例に関する分析を行いました。

2018年01月16日

昨年あたりから、副業、兼業を認める大企業が急増しております。その背景には、2016年末に、政府が働き方改革の一環として、厚生労働省の副業を禁じた就業規則モデルを見直し、複数の仕事を持つことを普及促進していく方針を出したことがあります。実際に企業が副業を認めることのメリット、デメリットについて説明します。

ファミリーマートグループの給与計算アウトソーシング。
人気の記事
お問い合わせ・資料請求
お電話でのお問い合わせ
【受付時間】9:00~17:30 ※土日祝祭日を除く
メールでのお問い合わせ
お問い合わせフォーム
個人情報保護方針
当社はプライバシーマークを取得しております。
アーカイブ
タグ一覧